平成29年度 中世文学会 秋季大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年11月3日(金) ~ 11月5日(日)
開催地
近畿 > 和歌山県
会場
和歌山大学 松下会館(地域連携・生涯学習センター)[アクセス
〒641-0051 和歌山市西高松1-7-20(和歌山県立図書館の隣)
和歌山バス「高松」停留所より徒歩3分
メインテーマ
公式サイト
http://chusei.org/conference/
主催
中世文学会
協賛・後援等
【共催】和歌山大学 地域活性化総合センター 紀州経済史文化史研究所
ダウンロード

プログラム 日程

第1日 11月3日(金・祝)

バス巡検「根来寺と紀北の宗教文化」(要 事前申込)

11:30 JR/南海電鉄「りんくうタウン」駅ロータリー集合~根来寺・伊太祁曽神社・野上八幡宮・藤白神社等~18:15 JR和歌山駅東口にて解散

第2日 11月4日(土)

和歌山県立博物館・特別展「道成寺と日高川‒道成寺縁起と流域の宗教文化‒」
ミュージアムトーク・館蔵品特別公開(10:00~12:30)

会場:和歌山県立博物館

和歌山県立博物館 主査学芸員 大河内智之氏
和歌山県立博物館 学芸員 坂本亮太氏

委員会(12:30~14:00)

会場:松下会館 2階 講義室2

開会の挨拶(14:30~14:40)

和歌山大学理事 遠藤史氏

公開講演会(14:45~17:35)

会場:松下会館 2階ホール

  • 中世根来寺の法儀とその聖教
    日本女子大学名誉教授 永村眞氏
  • 「二人の三郎」からみた室町時代「能作史」の試み
    大阪大学名誉教授 天野文雄氏

懇親会(18:30~20:00)

会場:ホテルアバローム紀の国 11階「ツインバード」

第3日 11月5日(日)

会場:和歌山大学地域連携・生涯学習センター(松下会館)
発表要旨

研究発表会〈午前の部〉(9:30~12:00)

  • 南北朝期連歌の付合の特徴―『文和千句』と『紫野千句』を中心に―
    青山学院大学大学院生 ボニー・マックルーア氏
  • 「のけ所」にみる連歌の構成意識―良基と宗祇を比較して― 
    お茶の水女子大学大学院生 生田慶穂氏
  • 連歌古注釈と付合学習―「一句」に注目させるということ― 
    お茶の水女子大学大学院生 浅井美峰氏

昼食・休憩(12:00~13:00)

研究発表会〈午後の部〉(13:00~15:30)

  • 法然思想の受容をめぐって―『松虫鈴虫讃嘆文』を中心に―         
    佛教大学大学院生 大久保慶子氏
  • 謡曲『菊慈童』試論―「たのみにし」の引歌を手がかりに
    皇學館大学非常勤講師 前田雅代氏
  • 室町後期の女房歌人の筆跡―「旧院上臈」と「勾当内侍」をめぐって
    鶴見大学・明治大学他非常勤講師 石澤一志氏

閉会の挨拶

日本女子大学教授 石井倫子氏

展観案内

第2日:15時より18時、第3日:9時より15時までの間、学会会場(松下会館2階講義室2)におきまして、紀州経済史文化史研究所2017年度特別展「紀州地域と西国順礼」展プレ展示を開催いたします。

その他のイベント情報

PageTop