企画展「平成30年度 横浜市指定・登録文化財展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企画展「平成30年度 横浜市指定・登録文化財展」

横浜市は、昭和62(1987)年12月に横浜市文化財保護条例を制定し、市域の歴史や文化、自然を理解するうえで重要な価値をもつ文化財、史跡等を指定・登録し、その保存・活用を行っています。
今回の展示は、平成30年度に指定される横浜市の指定文化財、また過去に指定された県・市の文化財を紹介します。その中でも南区宝生寺の絹本著色仏涅槃図は、南北朝時代の優品で、新発見の銘文とともに修復後初公開となります。また、金沢区瀬戸神社の木造随神坐像(2軀)は当館では初の公開。鎌倉時代特有のリアルで力強い造形は、見るものを圧倒します。
横浜市内に伝えられてきた貴重な文化財をじっくりご覧ください。

開催概要

会期
2018年11月23日(金) ~ 1月14日(月)
開催地
関東 > 神奈川県
会場
横浜市歴史博物館[アクセス
〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-18-1 TEL 045-912-7777
開館時間
9:00~17:00(券売は16:30まで)
休館日
月曜日(12/24・1/14は開館)・12/25(火)・年末年始(12/28~1/4)
公式サイト
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/kikakuten/2018/kanagawanokioku/
主催
横浜市歴史博物館、横浜市教育委員会
備考
観覧料:〔企画展〕一般 400円、高校・大学 200円、小・中 100円〔企画展・常設展共通〕一般 600円、高校・大学 300円、小・中 100円
※毎週土曜日、小・中・高校生は無料です。
ダウンロード

関連イベント

講座

「宝生寺の仏涅槃図を守り伝えた人びと―新発見の軸木銘文を読み解く―」

講師:橋本遼太(神奈川県立歴史博物館)
日時:12月2日14:00~15:30
会場:講堂
参加費:500円
定員:150名 当日先着順

「街頭紙芝居の文化史」

講師:刈田均(当館学芸員)
日時:12月22日(土)10:30~12:00
会場:研修室
参加費:500円
定員:40名 当日先着順

担当学芸員による展示解説

日時:12月22日(土)、1月5日(土)、1月13日(日)14:00~ 
参加費:無料(企画展チケット要)

その他のイベント情報

PageTop