日本歌謡学会 令和元年度秋季研究発表会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2019年12月1日(日) 10:00~16:00
開催地
近畿 > 京都府
会場
同志社大学 今出川キャンバス 良心館[アクセス
〒602-8580 京都市上京区今出川通り烏丸東入
地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩1分(1番出口直結)
京阪電車「出町柳」駅から徒歩15分
バス停「烏丸今出川」から徒歩1分
公式サイト
https://kayogakkai.jp/2019autumn/
主催
日本歌謡学会

プログラム 内容

研究発表会 午前の部

10:00~12:15 良心館305教室

  • 立歌に関する試論
    神奈川県立総合教育センター 鈴木信太郎
  • 御神楽を取り込んだ地方の神楽歌について ―『土師一流催馬楽神楽歌』から考える
    NPOくまがや 矢嶋正幸
  • 『田植草紙』と風流踊の汐汲歌謡
    関西外国語大学短期大学部 西川学

役員会

12:15~13:30 良心館316教室

研究発表会 午後の部

13:30~16:00 良心館305教室

  • 近代大礼における神楽秘曲 ―賀茂百樹『通俗講義登極令大要』と多田好問『登極令義解』を通して
    皇學館大学 瓜田理子
  • 備後系田植歌本における非生産叙事歌謡の伝承様相 ―「団七」「段七」の伝承情況を中心として
    財団法人民族芸術研究所 茶谷十六
  • 江戸初期の小歌と踊歌の絵
    学習院女子大学名誉教授 徳田和夫

その他のイベント情報

PageTop