特集展示「神像と獅子・狛犬」

われわれのご先祖さまは、神さまをどのような姿と考えていたのでしょうか。今にのこる神々の像は、貴族のような姿のものあり、甲冑をまとって怒りの表情のものあり。さまざまな姿をしています。神様をまもる獅子・狛犬も、たとえば平安時代後期のものは穏やかで、それが鎌倉時代になると荒々しくなるというように、時代によってその姿は変化します。仏教像とは一味違った神像、どこか愛らしい獅子・狛犬たち、どうぞご覧ください。

(京都国立博物館ホームページより引用)

開催概要

会期
2020年1月2日(木) ~ 3月22日(日)
開催地
近畿 > 京都府
会場
京都国立博物館 平成知新館1F-1[アクセス
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527 TEL 075-525-2473
開館時間
火~木・日曜日、3月6日・7日・13日・14日:
9:30~17:00(入館は16:30まで)
金・土曜日(3月6日・7日・13日・14日を除く):
9:30~20:00(入館は19:30まで)
休館日
月曜日 ※2020年1月13日(月・祝)、2月24日(月・休)は開館し、それぞれの翌日を休館
公式サイト
https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/sculp_2020.html
主催
京都国立博物館
備考
観覧料:一般 520円、大学生 260円
ダウンロード

その他のイベント情報

PageTop