企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」

企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」

18世紀の上方の画壇は、狩野派、土佐派、文人画派、長崎派、円山派など、文字通り多士済々の様相を呈していました。中でも、円山応挙(1733-1795)の写生画は京都で大流行します。その後、応挙から教えを受けた呉春(1752-1811)と弟子による四条派は、写生画に情趣を加え、より親しみやすい画風を打出し、町衆たちに大いに受け入れられました。
一方、商都として栄えた大坂では、独自の画壇が形成されていました。応挙とも関わった森狙仙(1747-1821)・徹山(1775-1841)の森派など、京都の動向に影響を受けつつ、大坂を拠点に活躍した絵師たちは多く存在します。同時に、古典の知識や教養を介さずに楽しめる四条派の絵画は、大坂にも伝わり人気を博しました。
本展では、円山・四条派を中心に上方画壇の展開に注目します。前期(2019年12月17日-2020年2月2日)は、円山派だけでなく他流派も含め京都で活躍した絵師たちを紹介します。後期(2020年2月4日-3月15日)では、京都からの影響をうけつつ、独自に花開いた大坂画壇の動向を、四条派に焦点を当ててたどります。

開催概要

会期
2019年12月17日(火) ~ 3月15日(日)
開催地
近畿 > 大阪府
会場
中之島香雪美術館[アクセス
〒530-0005 大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト 4階
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
年末年始2019年12月29日(日)~2020年1月7日(火)
公式サイト
http://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/exhibition/now/
主催
中之島香雪美術館、朝日新聞社
備考
料金:一般 900円、高大生 500円、小中生 200円
ダウンロード

関連イベント

企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」記念講演会

「京と浪花を行きつ戻りつ-絵と絵師のはざまで-」
講師:安永拓世氏(東京文化財研究所 文化財情報資料部 研究員)

日時:2020年2月1日(土) 14:00~15:30(13:30 受付開始)
会場:中之島会館(中之島香雪美術館隣)
参加料:500円(美術館入館には別途入館券が必要)
定員:250名

講演会の応募方法

◎往復ハガキ(1枚で2名様まで応募可能)に、参加希望人数、それぞれの住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、郵送でご応募ください。返信ハガキの宛先には、代表者の住所氏名をご記入ください。応募者多数の場合は抽選となります。結果は、応募者全員に返信ハガキにてお知らせします。

宛先:〒530-0005
大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階
中之島香雪美術館 安永拓世講演会係

応募締切:1月14日(火)消印有効

ギャラリートーク(学芸員による解説)

2019年12月21日(土)
2020年1月25日(土)
2020年2月15日(土)
2020年3月7日(土)
いずれも午後3:30から45分程度、展示室にて

その他のイベント情報

PageTop