出羽三山丑年御縁年記念特別企画展「秘奥深密(ヒミツ)の湯殿山―語られぬ山の物語―」

出羽三山丑年御縁年記念特別企画展「秘奥深密(ヒミツ)の湯殿山―語られぬ山の物語―」

古くから山岳信仰の霊場として栄えてきた出羽三山。
中でも湯殿山は三山の奥の院(もっとも重要な場所)であり、その神秘さゆえに「語るなかれ、聞くなかれ」といわれるほど篤く信仰されています。
さらに湯殿山の開山した丑年にお詣りすれば十二年分のご利益があるとされ、御縁年には多くの参詣者でにぎわいました。
本展では羽黒山と湯殿山の歴史的な関係に焦点をあてながら、明治の神仏分離から近代にかけての変遷を紹介するとともに、民衆を救うため自ら土中に入り即身仏となった湯殿山の一世行人、湯殿山の自然を神仏の姿にあらわした御沢仏など、さまざまなかたちの信仰を継承した湯殿山の知られざる「ヒミツ」に迫ります。

開催概要

会期
2021年7月7日(水) ~ 11月29日(月)
開催地
北海道・東北 > 山形県
会場
いでは文化記念館
〒997-0211 山形県鶴岡市羽黒町手向字院主南72
開館時間
9:00~16:30
休館日
火曜日(7・8月は無休)
公式サイト
https://hagurokanko.jp/p5055/
主催
いでは文化記念館
備考
入館料(丑年御縁年記念特別価格):大人200円、高校・大学生150円、小・中学生100円
ダウンロード

関連イベント

歴史講座

「知られざる御沢仏~湯殿山信仰にみる異形の神仏~」
講師:石井紀子氏(白鷹町教育委員会)
日時:11月6日(土) 13:30~15:00
会場:いでは文化記念館レクチャーホール

「御沢仏」とは、湯殿山の大自然そのものを神仏の姿にあらわしたものです。
本講座では、白鷹町で長年仏像の修復や調査に携わっている白鷹町教育委員会の石井紀子さんを講師にお招きし、白鷹町の塩田行屋にまつられる御沢仏にみる湯殿山信仰についてお話しいただきます。

定員:70名 料金:200円(※入館料を含みます)
※事前申込制となります。電話・メール・FAXいずれかでお申込み下さい。

その他のイベント情報

PageTop