第3回寺院資料調査研究報告「寺院資料調査の実状 調査量<埋蔵量」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回寺院資料調査研究報告「寺院資料調査の実状 調査量

第3回寺院資料調査研究報告を開催します。

開催概要

会期
2019年4月28日(日) 13:00~17:30
開催地
近畿 > 大阪府
会場
大阪大学中之島センター 講義室 507[アクセス
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53 TEL 06-6444-2100
公式サイト
https://jarsa.jp/jishiken201904
主催
科学研究費補助金 基盤研究(B)「再興・布教から霊場化へ-増吽関連の寺院経蔵調査を中心に-」(課題番号:15H03181 代表者:大阪大学 中山一麿)
備考
参加無料、一般聴講歓迎
ダウンロード

プログラム 日程

受付開始 12:40~

趣旨説明〔20分〕

報告〔各40分〕

  • 須藤茂樹(四国大学 教授)
    「四国八十八ヶ所霊場第二十三番札所薬王寺の歴史と文化財 ―徳島藩主蜂須賀家との関係を中心に―」
  • 原卓志(鳴門教育大学 教授)
    「国伝山地蔵寺住侶の修学と典籍」
  • 武田和昭(円明院 住職)
    「伊予における大通智勝仏の展開」
  • 中田利枝子(岡山県立博物館 統括学芸員)
    「報恩大師信仰と備前諸寺院の縁起の変容について」

全体討議〔50分〕

コーディネーター:中山一麿(大阪大学 招へい研究員)
司会:落合博志(国文学研究資料館 教授)

その他のイベント情報

PageTop